トランクルーム

トランクルーム10社の徹底比較 格安料金・特徴・選び方まで

2021-02-10

トランクルーム人気ランキングのトップ画像

ポイント

  • 【徹底比較】トランクルーム使いたいランキング
  • 【選び方】トランクルームはこう選ぶ
  • 【みんなの収納例】預けたらお部屋がスッキリ

トランクルームはどの会社を選べばいいの?」
「自宅に収納スペースが少なくて困ってる」

荷物をトランクルームにあずけてみたい。
どこの会社がいいのかな?
と、気になっているあなたへ。

この記事ではトランクルームを徹底比較した結果をお伝えします。
料金、特徴、利便性などをランキング形式にしました。

宅配型はサブスクのように始めやすいです。
従来型倉庫は24時間使えて便利だけど、初期費用が必要な会社が多い。

色々違うので、損しないように契約前にしっかり比較しましょう。

 

目次

トランクルーム選びに迷ったらココで決まり!

いくつもあるトランクルーム会社の中からおすすめをご紹介します。
どこにしようか迷っていたらここで決まりです。

おすすめはこちらの2社。

  • ハローストレージ(従来型倉庫)
  • サマリーポケット(宅配型)

クローゼットのように使える従来型の倉庫と宅配型それぞれのおすすめです。

料金や使い勝手、他社にはない特徴などを比較した結果です。
自分で荷物の出し入れをする屋内外トランクルームはハローストレージ
自宅へ集荷や配送で収納する宅配型はサマリーポケット

 

トランクルームは従来型倉庫か宅配型かを選択

まずトランクルームの種類を大きく分けると、

  • 【従来型倉庫】自分で荷物を倉庫へもっていく
  • 【宅配型】自宅から宅配で荷物を預けられる

この2種類です。
従来型の中でも屋内型、屋外型コンテナにわかれます。

この2種類から最初に選択します。

家の近くにコンテナ倉庫や屋内型トランクルームがあれば使い勝手がいいです。

近くになければ、自宅まで取りに来てくれる宅配型がおすすめ。

 

【迷ったらココ】従来型倉庫ならハローストレージ

ハローストレージのトランクルーム

ハローストレージは従来型のトランクルームです。

自分で倉庫へいって荷物の取り出しをします。
24時間利用できるので部屋の収納がふえる感じ。

ハローストレージが最もおすすめできるサービスの理由はこちら。

  • 全国で物件数最大級なので意外に近くにある
  • 不用品処分サービス
  • 運搬サービスで車がなくても収納可

ハローキティとコラボしているので見たことがある人は多いはず。
料金も使いやすい値段です。

倉庫タイプ従来型倉庫
(クローゼット型)
倉庫種類屋外/屋内トランクルーム
バイクコンテナ/建物全体
対応エリア日本全国
物件数約2,000件
申し込みネット
初期費用アリ
割引キャンペーンアリ

自分で収納する屋内外トランクルームは自宅から近いのが1番。
自宅の収納を増やすより、近くの倉庫を増やした方が安く、広くなります。
家の周辺にあれば少し月額料金が高くても利便性は最高です。

もし自宅の近くにあればチェックしてみましょう。
割引キャンペーンで初期費用を格安で始められるハローストレージです。

収納に困ったらココ

近くのハローストレージを検索する

全国エリアの従来型トランクルーム

 

宅配型トランクルームに迷ったらサマリーポケット

サマリーポケットの宅配型トランクルーム

自宅で集荷や受け取りができる宅配トランクルーム。
宅配タイプのトランクルームも色々あるので迷います。

宅配型はサマリーポケットで決まりです。
その理由はこちら。

  • 全国エリア対応
  • 衣類、布団、靴のクリーニングサービス
  • ヤフオク出品代行(不用品廃棄)

他にも預け荷物をスマホで確認できるなどオプションいっぱい。

ただし、収納は専用ダンボール箱にいれなければいけません。
箱に入らないアイテムは預けられないので注意です。

⇒宅配型トランクルームで大きな物をあずけられるのは宅トラ

倉庫タイプ宅配型
倉庫種類
対応エリア日本全国
物件数
申し込みネット完結
スマホアプリ有
初期費用無料
割引キャンペーンアリ

車がなくても一人でも利用できる宅配型トランクルーム。
間違いないのはサマリーポケットです。
スマホのアプリで荷物もチェックできて便利です。

宅配型に迷ったらココ

サマリーポケットの公式サイトはこちら

格安の宅配型トランクルームはここで決まり

エアトランクを1番にしたかったけど全国対応ではないので2位です。
配送料が無料でしかもボックス対応なので大きな荷物も預けられます。

⇒全国対応になったら使いたい【エアトランク】

 

高セキュリティトランクルームランキング

防犯カメラで建物を守る

トランクルームは24時間誰かがいるわけじゃありません。
ですから、防犯がしっかりしていないとちょっと不安。

特に屋外コンテナ型の倉庫は外に設置してあります。
誰でもコンテナの入り口まで車で入れます。
盗難がまったく心配ないとは言えません。

もちろん扉には鍵をかけます。
普通の南京錠なんてハンマーでたたかれたり、切られると開いてしまいます。

また、屋内トランクルームでも不安な面があります。
屋内もまた誰かが住んでいるわけじゃないので照明がうす暗かったりすると怖いです。
そこでセキュリティをしっかりしているトランクルームのランキングです。

ほとんど起きないことだけど、防犯面がしっかりしていれば安心。

 

キュラーズ 屋内トランクルーム

キュラーズは初期費用無料の屋内型トランクルーム。
キレイで明るい建物なので目立ちます。

キュラーズ|ビル一棟がトランクルーム 建物全体で専用防犯対策

防犯ポイントはこちら。

  • ビルへの入館はセキュリティカード
  • エレベーターは自分の利用階のみ停止
  • 常駐スタッフ
  • 特殊な南京錠
  • アルソックやセコムなどの警備と提携
  • 防犯カメラ
  • 明るい照明

ビルの中だけでなく、外観も照明が明るくキレイなトランクルームで安心です。
全館空調や駐車場完備も大きなポイントです。

 

宅配型トランクルーム(各社)

宅配型トランクルームならセキュリティ面の心配はいりません。
自宅で集荷されて大型倉庫にまとめて収納されます。

色んなところから集められる巨大倉庫。
当然警備会社は入っていますし、警備の常駐監視です。
倉庫のセキュリティはしっかりしています。

倉庫のある敷地内でさえ入れませんよね。
自分で戸締りや鍵の管理はしないので安心です。
ですから、宅配型の防犯性は高く選ぶなら初期費用や配送料を比較しましょう。

⇒配送料が無料の宅配型トランクルーム【エアトランク】

 

格安初期費用トランクルームランキングTOP3 とにかく安く

お財布からクレジットカードをだす

トランクルームの料金は物件の場所によってかわります。
また、借りる部屋のサイズでも違います。

ですから、月額料金は実際に検索してみないとわかりません。
そこでここでは初期費用の安さをランキングにしました。

 

キュラーズ|格安従来型トランクルームは初期費用無料

キュラーズは初期費用が無料です。
手数料や敷金礼金が不要。
スマートキーの発行料だけ必要です。

2,300円だけなので格安ではじめられます。

倉庫タイプ従来型
トランクルーム屋内トランクルーム
初期費用無料
契約時セキュリティカード発行料

短期利用でも使え、ルームサイズも豊富。
物件が都市部しかないのが残念です。

都市部に住んでいるなら部屋数が全国最大級なので利用できる可能性が高いです。
⇒キュラーズの料金や特徴はこちら

 

スペラボ 格安料金で初期費用0円

スペラボは初期費用が0円です。
月額料金も他社よりも安い。

倉庫タイプ従来型
トランクルーム屋内トランクルーム
初期費用無料
契約時月額料金のみ

物件が東京都にしかありません。

東京都で屋内トランクルームを格安で探しているならスペラボです。

⇒スペラボのトランクルームをみてみる

 

エアトランク|初期費用・配送料無料の宅配型

エアトランクは配送料無料の宅配型トランクルーム。
初期費用が無料です。

集荷と受け取りの配送料が無料なのはここだけのメリットです。
自社配送なので実現できる金額ですね。

倉庫タイプ宅配型
トランクルーム
初期費用無料
契約時無料
配送料無料

宅配型は送料が必要になることがほとんど。
その分月額利用料が他社よりも少し高めですが、コスパは高いです。

エアトランクはダンボールでの収納だけじゃありません。
ダンボール箱以外のものでも宅配収納できます。

また、有料にはなりますが荷物の全国配送もしています。

サービス対応エリアが関東と大阪、名古屋だけなのがおしいです。
どんどん拡大しているので全国に期待したいですね。

⇒エアトランクは高評判 送料無料の宅配型トランクルームのメリットとデメリット

 

サマリーポケット|全国対応なのに初期費用無料

はじめにおすすめしたサマリーポケット。
初期費用無料で始めやすい宅配型トランクルームです。

配送料が必要ですが、月額料金が格安です。

ただし、ダンボール箱にはいるものでないと利用できません。
日本全国対応なのでどこでも利用できます。

倉庫タイプ宅配型
トランクルーム
初期費用無料
月額料金
(税込)
ダンボール1箱275円
最安値
契約時無料
配送料
(税込)
有料
取り出し1,100円

⇒サマリーポケットの評判 取り出し料金からデメリット・メリットまで

 

東京のトランクルームランキング

東京の人口が多く地価が高い場所にトランクルームを

東京都は人口も多く住宅費も高いです。
広い部屋や収納がたくさんある物件はどうしても家賃が高くなります。

部屋がせまかったり、収納スペースが少ないから引っ越しを考えている。
そこで提案したいのがトランクルーム。

新しい家に引っ越すことなく、安い金額で収納スペースが確保できます。
人が多く密集した東京でのトランクルームランキングです。

 

ハローストレージなら首都圏物件数最大級

首都圏物件数No.1。

ハローキティとコラボしているのでよく見かけるトランクルームですね。
ちょっと気をつけているとそこらじゅうにあります。

とにかく物件が多いのがハローストレージ。

自分で荷物を出し入れする従来型の倉庫は自宅の近くにあるのが1番です。
ですから、物件数が多いと意外に近くにあるかもしれません。

または希望の場所にあるかもしれません。
まずは検索です。

割引キャンペーンをやっているので使いたい倉庫も安くなっているかも。

 

スペラボは東京特化で価格は格安

東京に拠点が集中しているスペラボ。

新しいトランクルームで都内なのに格安で利用できます。
他社より安く、初期費用無料。
安すぎてちょっと不安になるくらいです。

でも室内は空調や換気を24時間管理していますし、防犯カメラも設置してあって安心。

スマートキーなので暗証番号だけで入室できます。
鍵がいりません。

拠点数はまだまだすくないのでこれからどんどん増えていきます。

 

キュラーズのトランクルームは都市部でも無料駐車場完備

キュラーズは都市圏に多い屋内型トランクルーム。
物件数はそれほどですが、部屋数が最大級です。

その理由はビル一棟がトランクルームになっているから。
建物が全てトランクルームなので防犯対策も専用でできます。

また、専用駐車場を完備しています。
都市圏では時間貸し駐車場が高いです。

トランクルームの近くにあればいいです。
近くにないと荷物を遠くから運ばなければいけません。
時間をかけていると駐車料金も高くなっていきますよね。

無料専用駐車場完備は自分のルームから近くて運びやすく、ゆっくり荷物の出し入れができます。

さらに全館空調システム完備で大切なものを守る環境ができあがっています。

 

短期利用時のトランクルームランキング

スケジュール帳で予定の確認

リフォームや引っ越しによる一時的な荷物を預ける場合におすすめのトランクルームです。
短期利用は預ける荷物のサイズや量で使い分けましょう。

例えば、ワンルーム荷物一式の場合、宅配型では高額になります。
荷物も多いし、大型の家具家電があります。

ですから、従来型の屋外コンテナや屋内トランクルームがおすすめ。

荷物がダンボール箱3個や4個と少ない場合は宅配型が安く楽々です。

 

キュラーズ|初期費用無料で短期利用できる

キュラーズの初期費用はセキュリティカードの発行料だけです。
礼金、敷金、事務手数料は無料
もちろん短期利用ができます。

収納スペースのサイズも色々あります。
契約がネットで完結でき、常駐スタッフからの説明もわかりやすい。
引っ越しやリフォームによる一時的な保管に便利です。

 

サマリーポケット|初期費用無料だけど最低利用期間に注意

格安トランクルームランキングでお伝えしたように、宅配型は初期費用が基本無料です。
短期利用ができます。

ただ、最低利用期間に注意です。
サマリーポケットの場合は最低2ヶ月間の利用期間があります。

入庫した月に取り出すときは2ヶ月分の月額料金と送料。
2ヶ月目に取り出した場合は、1ヵ月分の料金と送料が必要です。

それほど高額にはなりません。
少ないダンボール箱なら短期でも使えますね。

 

バイクパーキングランキング

カワサキの単車

バイク専用コンテナやパーキングは各社それほど差はありません。
比較するとしたらこちらが気になるところ。

  • スペースの広さ
  • 入口スロープの有無

従来型の場合、屋外トランクルームにバイクも収納できます。
バイク専用コンテナじゃなくても問題ありません。

屋外コンテナの3畳や4畳の方がバイク+荷物も収納できます。
バイクとキャンプ道具の組み合わせは最強ですよね。

 

キュラーズのバイクパーキングは特別

バイク専用パーキングでも特徴的で逸脱しているのがキュラーズです。
新しくオープンしたキュラーズ高輪台店。
屋内パーキングで専用のエレベーターによって屋内に移動します。

  • バイク専用ゲート
  • 空調完備
  • 洗車室
  • 空気入れ
  • プライベートロッカー
  • 電源コンセント
  • 専用ガレージ(パーキング内)

かなり特別なバイクパーキングです。
これだけの設備と立地なので月額料金は高めです。
しかし、エアコンついていて洗車やロッカー付きなんて便利すぎます。

他社のバイクコンテナはどれも同じなのでキュラーズが1位になりました。

 

加瀬倉庫の屋外バイクコンテナは使いやすい

バイク乗りで自宅に置く場所がない方におすすめできるのが屋外コンテナ。
各社それほど違いはありません。
しかし細かい配慮のあるコンテナがおすすめ。

その点、加瀬倉庫は良いポイントがたくさんあります。

加瀬レンタルボックスの個別収納スペースのポイント。

  • 大型のスロープで楽々出し入れ
  • スロープに油圧ダンパーがついて上げ下ろしかんたん
  • 収納棚がついてメットやバイク用品を収納
  • 盗難防止バーやスロープに鍵

 

トランクルーム総合ランキング第1位 徹底比較結果

上記のニーズ別ランキングを総合的に判断しました。
利便性も料金も特徴的にもバランスが1番取れているトランクルームです。

できれば自宅の付近にあって、空きがあれば即申し込みで間違いありません。

宅配型の場合は自宅の近くになくてもまったく問題ありません。
自宅まで集荷、配送してくれるからです。

 

ハローストレージは物件数最大級

ハローストレージは物件数全国最大級

  • 屋外トランクルーム
  • 屋内トランクルーム
  • バイク専用コンテナ
  • 建物全体トランクルームの物件
  • 日本全国対応
  • 物件数全国一位
  • 割引キャンペーンで安く始められる

ハローストレージの対応エリアは全国です。
検索すれば近くにある確率が高い。

ただし、初期費用が必要になります。
初期費用が以外と高いので割引キャンペーンを使いましょう。
また、ネットで申し込めば3,000円オフです。

 

キュラーズをおすすめしたいけどまだ都市部のみ

キュラーズが付近にあれば即契約

  • 都市圏でも無料専用駐車場完備
  • 空調設備完備で温湿度監視
  • 高セキュリティ
  • スタッフ常駐
  • 明るくキレイなビルとフロア
  • ネットだけで契約が完結(郵送不要)

ハローストレージの次におすすめできるトランクルームのキュラーズ。
本当は一番のおすすめにしたいです。

でも、都市部にしかないのと屋外コンテナがないので2位になりました。
それでも他社よりもメリットが多く近くで見つけたら即利用でOKです。

 

サマリーポケット

サマリーポケットは宅配で便利なのに格安

  • 初期費用無料
  • 衣服、寝具、靴のクリーニング
  • ラグ、マットクリーニング
  • 服のハンガー保管
  • ヤフオク出品代行
  • 日本全国対応

サマリーポケットは初期費用だけじゃなく、月額料金も格安です。
ダンボール箱なら数百円。

対応エリアは全国なので使いやすいです。

 

収納荷物別おすすめトランクルーム

ここからは預けたいアイテム別のおすすめをお伝えします。

「家にあふれている本をあずけたい。」
「引っ越しのために冷蔵庫や洗濯機を預けたい。」

こんな時にレンタルしたいトランクルームの紹介です。

 

【たくさんの本】サマリーポケットのブックスプランなら格安収納

「家にあふれ出した大切な本を収納したい。」

サマリーポケットのブックスプランは点数の上限なしで保管できます。
ダンボール箱に入れて送ります。
ダンボール箱は130冊の文庫本が入るサイズです。

月額保管料は1箱たったの税込440円。

どんな本を預けてあるかはスマホでチェックできます。
画像とタイトルが自動登録されます。
本以外にDVDもOK。

取り出し料金が必要になりますが、1冊でも箱単位でも取り出しができます。

 

【大切な服や書類】キュラーズは温湿度徹底管理で安心保管

屋内トランクルームのキュラーズは全室空調設備完備。
他社のように換気されているだけじゃないんです。

エアコンで湿度が60%以下に常時設定されています。

カビや害虫の被害が発生しにくい環境ですね。
温湿度管理も中央監視で異常値がでればすぐに対応できるようになっています。

  • 大事な書類
  • 洋服や着物
  • 写真やカメラ機器
  • フィギュアやプラモデルなどのコレクション

 

【大型家具や家財道具一式】宅トラなら宅配でトランクルームへ収納

宅トラはダンボール箱だけのプランやカーゴに保管するプラン。
さらに冷蔵庫やベッドなど大きな荷物を保管できるプランがあります。
運送会社はクロネコヤマトなので配送も安心。

大型荷物を宅配であずけたいときに利用できます。
ただし、配送料と保管料は大きさに比例して高くなります。

有料にはなりますが、梱包作業サービスもあります。
1人では準備できない時に便利です。

 

【キャンプ道具やアウトドアアイテム】屋外コンテナへ

ついつい車に積みっぱなしになるキャンプ道具。

車をキレイにしておきたいけど、道具置き場がなかなか確保できない。
そんなときに屋外コンテナで保管です。

屋外コンテナは車を直接入口までいれられます。
トランクからすぐにコンテナに運べて楽々です。

年に数回しか使わなくても、毎週末キャンプする人にもおすすめ。
ただし、燃料や可燃性ガスの収納は注意です。

 

トランクルームはこう選ぶ 気をつけたい3つの選び方

トランクルームの選び方をみていきます。
預けたい荷物の種類やトランクルームをどう使いたいかによって変わってきます。

  1. 宅配型か従来型か
  2. トランクルームの場所
  3. 初期費用と月額料金の値段

 

宅配型か従来型倉庫かどちらがいいか比較して選ぶ

まずは

  • 従来倉庫型
  • 宅配型

どちらにするか選びましょう。

車を持っていて倉庫を自由に使いたいなら従来倉庫型。
収納物の出し入れが多い方は宅配型より安くなります。
また、車がなくても配達サービスがあるので問題ありません。
自宅の近くでしたら、歩いてでもいけますよね。

自分で収納しにいくのめんどう。
できれば自宅から送りたい方は宅配型。

収納荷物も少なかったり、季節ものであまり出し入れがない物だとかなり安く納まります。
車がなかったり、一人暮らしにおすすめです。

 

たくさんの荷物やよく使う物は従来型のトランクルーム

従来型トランクルームは自分で収納するため、とにかく自宅から近いところが1番です。
または、会社や実家の導線にあると使いやすいです。
ここにあったら便利だと思える希望の場所をみつけましょう。

  • トランクルームの場所
  • 専用駐車場の有無
  • エレベーター
  • 台車

24時間いつでも利用でき、荷物も部屋にはいるだけ詰め込めます。
倉庫の中も自分でアレンジできます。
棚を設置すれば収納しやすいですよね。

多めの荷物やよく出し入れするなら配送料がいらない従来型です。
大きめの家具家電も宅配型では高額になるので従来型。

車がなくても運搬サービスで利用できますが、自家用車をもっているといいですね。

月額料金も選ぶ際の重要な基準になります。
でも、利便性を優先すれば荷物を使いたいときにすぐ使えたり、収納も近ければ楽です。

 

ダンボール箱に入れて預けるなら宅配型トランクルーム

宅配型はあまり使わない物やダンボール箱に入るアイテムの収納におすすめです。

  • スーツケース
  • 季節もの
  • ベビーカーやチャイルドシート
  • 本やDVD
  • スキー、スノーボード用品など

小物はダンボール箱に詰めて一個から収納可
会社によってはアイテム1点だけあずけることもできます。

カーゴにいれてたくさん詰め込めるプランも。
スキー、スノーボードの板や家具家電などが送れます。

注意したいのは預け荷物の配送です。
倉庫へ荷物を送ったり、宅配してもらったりするのですぐに使うことができません。
また、出し入れが多いと送料が高くなってしまいます。

配送料を確認してから利用するといいですね。

 

トランクルームの場所はどこを希望しているか

宅配型トランクルームの場合は荷物を配送するので場所は気にしなくてもいいです。

従来型の場合は場所は大きなポイントになります。
遠くにあると行くだけでも大変ですからね。

  • 使いたい場所にあるか
  • 自宅、会社、駅、実家などから近いか
  • 専用の駐車場はあるか

トランクルームの使い方によって場所を選びましょう。
自宅からよく使う場合は近い方が当然いいですよね。

会社からの帰りや駅までの途中にあるのも便利。

また、都心の屋内トランクルームは駐車場がないところが多いです。
車で使いたいなら契約前に専用駐車場はチェックしておきましょう。

 

初期費用や月額料金を比較して選ぶ

トランクルームを借りるときに必要なのが初期費用です。
アパートを借りる時とおなじですよね。

  • 礼金・敷金
  • 更新料
  • 手数料
  • 1ヶ月分の賃料

などを払わなければいけない会社もあります。

月額料金がやすいから短期で借りようとした。
でも、初期費用が倍の値段になってしまった。
初期費用があるとこうなります。

従来型トランクルームは初期費用や月額料金が宅配よりも複雑なので確認してから契約しましょう。

⇒初期費用が安くわかりやすい屋内トランクルーム|キュラーズ

 

宅配型は初期費用が無料が基本。
しかも、月額料金も安いです。

ただし、配送料が必要になるので従来型同様に確認しましょう。

⇒初期費用と配送料が無料の宅配型トランクルーム|エアトランク

 

従来型トランクルームのメリットとデメリット

従来型トランクルームは安いのが特徴。
特に屋外コンテナは月額料金が格安です。
その分、環境や防犯面が悪いところがあります。

でも、使い方しだいです。

従来型倉庫のメリット

  • 住んでいる部屋が広くなる
  • 最低限の物で生活できる
  • 自分で荷物の整理ができる
  • 24時間ほしい時にすぐに取り出せる
  • 出し入れに費用がかからない
  • よく使うなら宅配型より安くすむ
  • 屋外コンテナは料金が最安値

 

従来型倉庫のデメリット

  • 倉庫が近くにないと不便
  • 自分で運ぶので車がいる場合も ⇒運搬サービスがある
  • 空調設備がないトランクルームは環境が悪い
  • 初期費用が必要な会社がある
  • 清掃されていないことがある
  • 鍵をなくすと対応料金を払う

自分で荷物を出し入れするので車があるほうが便利です。
でも、車がなくても利用できます。

自社で運搬サービスやっているところや運送会社と提携している会社もあります。
ですから、車がなくても問題ありません。

 

宅配型トランクルームのメリットとデメリット

宅配型の大きなメリットは自宅で荷物を預けたり受け取れたりするところです。
車がなかったり、一人暮らしで運べない方に便利ですね。

初期費用が無料で月額料金も安いのでとても使いやすく人気です。

ただし、大きなデメリットとして配送料が必要になるところ。
配達してもらうのでどうしても送料は必要になります。

 

宅配型トランクルームのメリット

  • 近くに倉庫がなくもていい
  • 自分でトランクルームに収納しなくていい
  • スマホやPCで荷物の確認ができる
  • 初期費用が無料
  • 預けたいぶんだけ預けられる
  • 使用頻度低く荷物が少ない場合はクローゼット型よりやすい
  • 服や寝具のクリーニングサービス
  • ゴルフバッグ配送プランがある

 

宅配型トランクルームのデメリット

  • ほしい時にすぐ取り出せない
  • 配送料金がかかる
  • 大きいものは料金が高額

 

トランクルームに預けている物は? みんなが収納する荷物ランキング

トランクルームにどんなものを預けているのか多い順にお伝えします。
実際に利用している方の収納荷物ランキングです。

1位家具家電

  • ベッド
  • タンス
  • ソファ
  • テレビ

引っ越ししたときに一時的に預けている。
もしくは新しい住居におけなくて保管している。

新しい家や部屋に以前使っていた家具や家電が置けないこともあります。
部屋のイメージに合わなかったり、サイズが違っていたり。

そんな時すぐには処分できないので一時的にトランクルームを利用する上手な使い方ですね。

また、新しい部屋がまだ空かなくて待っている。
しょうがないから一時的に預けている方も少数ですがいました。
便利な使い方ですよね。

 

2位書籍や雑誌 DVDやCD類

  • 雑誌
  • DVD

本好きだと部屋が本であふれてしまいます。

大切な本や、好きな本はどうしてもすてられません。
かといって、置いておくとどんどん溜まっていきますよね。
そんな大切な本はトランクルームへ収納です。

ブック専用プランがある宅配型トランクルームは安くて便利。
自宅からダンボールに詰めて送るだけです。
スマホで預けているものが確認できるのも便利。

 

3位アウトドア・キャンプ道具やレジャー用品

  • キャンプ用品
  • スキー・スノーボード用品
  • スキューバー用品
  • 自転車用品
  • 自動車用品

今、トランクルーム利用者で増えているのがアウトドアアイテムの収納です。
キャンプ道具なら屋外コンテナに安く収納できます。

スキーやスノーボード、スキューバ―ダイビングなど、レジャーアイテムを収納する方も多いです。

自動車用品だと、スタッドレスタイヤや車の部品、工具を収納できますよね。

車が横づけできる屋外コンテナが楽に運べて便利です。

 

子どもの物をトランクルームに次使うまで保管

子供の物はすぐに使わなくなるものが多いです。

  • ベビーカー
  • ベビーベッド
  • チャイルドシート
  • バウンサー
  • 大きめのおもちゃ

赤ちゃんは成長がはやいので、数か月から数年で使わなくなります。

でも、2人目にも使いたいから大事にしまっておきますよね。
そうすると家の収納はパンパンに。
ですから、使わない間はトランクルームに預ける方が多いです。

頻繁に出し入れするものではないので、宅配型や空調設備が整った屋内トランクルームがおすすめ。

 

引っ越しやリフォーム時の家財道具収納に便利

家のリフォームは中にある家財道具を出さなければいけません。
収納が他にあればいいですが、都市部だとなかなか難しいです。

そんなとき、トランクルームで一時的に預けておけます。

また引っ越しの時にトランクルームに預けてから少しずついれていくもおすすめ。

次の物件にはいるとき合わない家具や家電をためしながら引っ越しができます。
できれば処分サービスがある会社がいいですね。

次の家の契約前なのに、すぐ住んでいるところを出なきゃいけない。
そんなイレギュラーにも安心ですよね。

引っ越し難民になってもトランクルームに預けておけます。

即日契約できる会社があるので急なときでも対応できます。

 

会社の書類や備品・物販の収納にトランクルーム

企業の保管義務書類はオフィスにたまっていきます。
どんどん書類に埋もれていく事務所を広くするより、トランクルームを安く利用して経費削減です。
屋内トランクルームならほこりや湿度にも強いのでおすすめ。

イベントで使った機器や看板など、いつもは使わない備品の収納にも便利です。
物販の売り物の収納にもいいですね。

事務所のほとんどが倉庫みたいになっている企業におすすめです。
広い事務所に移ることなく、さらに安くできます。

 

屋外コンテナを防災倉庫にして災害リスクを分散する

屋外コンテナ倉庫は防災用品の備蓄におすすめです。

水や保存食、調理ができるキャンプグッズ。
衣服、携帯トイレや紙や女性用品など防災グッズをしまっておくといいですね。

自宅が被災したり、避難勧告ででなきゃいけなくなってもちょっと安心。
被災したときの倉庫にも使えます。

そして悲しいですけど災害時は火事場泥棒が必ずでます。
震災のときは避難している間に家の中にはいられることもあります。
そんな時、被害に合わないために防災用品を出して家財を収納しておくこともできます。

 

車がなくても屋内外トランクルームを使う方法

従来型の屋内、屋外トランクルームは車がないと荷物の出し入れがちょっと大変。
自分で運ぶのでしょうがないですよね。

だからといって車がないから使えないことはないんです。

その方法は運搬サービスを使うこと。

各社運搬業者とコラボして自宅からトランクルームまでの配達をしています。
有料サービスですが、無料で配達してくれるところもあります。

キュラーズは自社で無料シャトルバンを運営しています。
時間や利用制限などありますが、車がなくても無料で運搬。
便利ですよね。

 

次世代のトランクルームは梱包から運搬まですべてまかせられる

今までの貸倉庫は宅配型か従来型のトランクルームでした。

次世代のサービスは梱包~運搬~保管~配送まですべてやってくれます。
それがHIROIE(ヒロイエ)です。

自宅まで荷物を取りに来て、梱包までしてくれます。
そのまま倉庫まで運んで保管。

必要になったら預けた荷物を家に配送してくれます。
大きな荷物は運ぶのが大変なので便利。
忙しい方やご年配の方にもうれしいサービスです。

預けられる荷物は

  • タンスやベッドなどの家具
  • 扇風機やヒーターなどの家電
  • 自転車など

1点1点アプリになにを預けたか確認できます。

 

自宅で過ごす方が増えトランクルームの需要増

2020年はテレワークや自粛のため家で過ごす方が急増。

じゃあ自宅でなにするのとなった時、4人に1人が掃除や片付けをしました。

増えた時間の過ごし方1位は自宅の掃除・片付け|PRTIMES

人気トランクルームのキュラーズでは前年比60%も増えています。

家の片付けをするとどうしても出てくるのが思い出の物や季節ものの収納場所です。
そしてテレワークで仕事する場所を確保すると荷物を移動しなければいけません。

そこで契約したのがトランクルームだったんです。

 

トランクルーム利用者が急増 店舗数はファミレスを超えた

全国のトランクルーム店舗が10,000店を超えました。
2019年のファミリーレストランは10,753店舗。
このファミレスの店舗数を超えています。

都心を中心に部屋数は増えていて、これからも需要が増えていく予想です。

トランクルームの店舗数がファミリーレストランを超え

 

人気トランクルーム10社一覧

最後に徹底比較した人気トランクルーム10社をお伝えします。

人気なのでそれぞれ特徴があり、メリットもあります。
あなたが預けたい物、希望の場所など合ったトランクルームを選びましょう。

ハローストレージ

ハローストレージのロゴ

倉庫タイプ従来型クローゼット
収納タイプ屋内/屋外トランクルーム
バイクコンテナ、建物全体
対応エリア全国
必要料金初期費用
月額料金
ポイント物件数最大

ハローストレージの大きなメリットは物件数です。
物件は日本最大級で全国エリア

都内でも物件数は1番なのでキティちゃんの倉庫を見たことあるかもしれません。
初期費用は必要ですが、月額料金が安く始めやすいです。
割引キャンペーンで安く始めましょう。

キュラーズ

キュラーズのロゴ

倉庫タイプ従来型倉庫
収納タイプ屋内型トランクルーム
(建物全体)
対応エリア全国
必要料金月額料金
ポイント都内部屋数最大級
初期費用無料
空調完備
専用駐車場

キュラーズは本当は1位にしたいトランクルーム。
屋内型トランクルームなのに初期費用はスマートカード発行料のみ。

ビル全体がトランクルームなので防犯対策ばっちりです。
外も中もキレイで明るくセキュリティ面も安心。

全館空調と駐車場完備です。
60%以下に湿度管理されていて保管環境も完璧です。

スペラボ

スペラボのロゴ

倉庫タイプ従来型倉庫
収納タイプ屋内型トランクルーム
対応エリア東京都
必要料金月額料金
ポイント初期費用無料
空調完備
安い

スペラボは屋内トランクルームなのに安いです。

敷金や礼金のような初期費用は無料。
はじめやすいトランクルームです。

料金も他社より安く使いやすい。

新しいトランクルームなので部屋もきれいです。

サマリーポケット

サマリーポケットのロゴ

倉庫タイプ宅配型(ダンボール箱)
収納タイプ集荷/配送
対応エリア日本全国
必要料金月額料金(税込275円~)
配送料
ポイント初期費用無料
月額料金格安
クリーニング
スマホ画像

サマリーポケットは宅配型トランクルーム。
ダンボール箱に荷物をつめて預けます。
全国エリア対応で配送料一律

上記のポイントの他に、ヤフオク代行や本専用のプランもあります。

配送料は必要になりますが、
月額料金がたったの1箱275円(税込)と格安です。

エアトランク

エアトランクのロゴ

倉庫タイプ宅配型
(ダンボール以外も可)
収納タイプ集荷/配送
対応エリア東京(23区、調布、三鷹、武蔵野)
神奈川(横浜、川崎)
千葉(市川、浦安、船橋)
埼玉(川口、草加、戸田、八潮、蕨)
大阪(大阪市、豊中、吹田)
愛知(名古屋市、尾張地区)
必要料金月額料金
(税込1,100円/3箱)
ポイント初期費用無料
収納スペースプラン
個数で預けるプラン
クリーニング
スマホ画像

エアトランクは配送料無料の宅配型トランクルーム。

宅配型なのに収納スペースに預けるプラン、
アイテム数で預けるプランがあります。

東京都内の0.2畳だと5,800円(税込)と格安です。
ダンボール箱の場合は3個で月額1,100円(税込)。

ただ、注意したいのは最低利用期間が3ヶ月あります。

加瀬倉庫

加瀬倉庫のロゴ

倉庫タイプ従来型倉庫
収納タイプ屋外/屋内トランクルーム
バイク倉庫、ガレージ倉庫
対応エリア日本全国
必要料金初期費用
月額料金のみ
ポイントガレージ倉庫
初月料金無料
ネット契約割引
割引キャンペーン

加瀬倉庫は4タイプのトランクルームがある従来型倉庫。

屋内外トランクルームとバイクコンテナのほかにガレージ倉庫があります。
ガレージ倉庫は広めの倉庫で収納だけじゃなく作業もできる環境。
たくさんの荷物が入るので企業の書類や品物でもいれほうだい。

バイクやDIY、スキー、スノーボードなどの作業にも最適です。

初期費用は事務手数料のみ。
礼金、敷金や管理料など不要です。

初月料金が無料なので始めやすいですね。

スペースプラス

スペースプラスのロゴ

倉庫タイプ従来型倉庫
収納タイプ屋内/屋外トランクルーム
バイクコンテナ
対応エリア全国
(一部ない地域あり)
必要料金初期費用
月額料金
解約手数料
ポイント短期利用可
空調完備(屋内)
内装ウッドパネル(屋外)

スペースプラスは屋内外トランクルーム。
他社とはそれほど大きな違いはありません。
ですが、初期費用が安めです。
事務手数料(1ヶ月分の月額料金)のみです。

割引キャンペーンをやっているので安く始められます。

また、短期での利用もできます。

宅トラ

宅トラのロゴ

倉庫タイプ宅配型
収納タイプダンボール箱
カーゴ
大型家具家電
対応エリア日本全国
必要料金月額料金
引取料金
配送料金
ポイントカーゴ収納プラン
大型家具収納
最低利用期間6ヶ月

宅トラは大型家具も対応している宅配型トランクルーム。
ダンボール箱プランにカーゴに収納するプランもあります。

宅配型倉庫で大型荷物はなかなかありません。
ベッドやタンス、冷蔵庫など一人じゃ運べない家具を宅配で収納できます。
カーゴタイプならどんどん詰め込めるのでお得ですね。

ただ、最低利用期間が6ヶ月あります。
半年分の月額料金が発生するので短期利用はおすすめできません。

初期費用の手数料はありませんが、引取料金と3ヶ月分の保管料金が必要です。
また、倉庫からの取り出し配送料も必要になります。

AZUKEL

AZUKELのロゴ

倉庫タイプ宅配型
収納タイプダンボール箱
スペース
大型家具家電
対応エリア日本全国
必要料金月額料金
取り出し料金
ポイントスペース収納プラン
大型家具収納
最低利用期間6ヶ月

アズケルは全国利用できる宅配型トランクルーム。

ダンボール箱のプランとスペースの大型家具も対応している宅配型トランクルーム。
ダンボール箱プランにカーゴに収納するプランもあります。
またソファやベッドなどの大型家具にも対応しています。

配送料は預けるときは無料です。
しかし、引き出すときは有料なので注意です。

最低利用期間が6ヶ月あります。
半年分の月額料金が発生するので短期利用にはむいていません。

ドッとあーる(.R)

倉庫タイプ従来型倉庫
収納タイプ屋内/屋外トランクルーム
バイクコンテナ
対応エリア東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城
愛知、岐阜、福岡、山口
必要料金初期費用/月額料金
補償費/管理費
ポイント盗難火災保証付き
短期利用可
割引キャンペーン
整理収納アドバイザー

ドッとあーるは従来型のトランクルームです。
屋内外トランクルームとバイクコンテナの3種類。

特徴として、収納アドバイザーに相談できます。
部屋の整理や荷物の収納が苦手な方にはうれしいサービスです。

割引キャンペーンをやっています。
借りたい物件があったらチェックしてみましょう。

 

まとめ:トランクルーム人気9社のランキング

トランクルームの人気ランキングをお伝えしました。
さらに選び方やメリット、デメリット、実際の収納物ランキングまでご紹介しました。

クローゼットのように使える従来型のトランクルームはハローストレージ。

宅配型ならサマリポケット。

それぞれ他社よりも特徴的で使いやすく、メリットの多いトランクルームでした。

ただし、トランクルームはあなたの使い方によって選びましょう。
月額料金が安いからといって自宅から遠くに借りてしまっては使いにくいだけです。
格安の屋外コンテナを借りても、大切なものがカビてしまっては最悪。

ですから、預けたいアイテムをこのトランクルームにあずけて問題ないように契約前にちょっと考えてみましょう。

これらを総合的におすすめできるのがこの3社です。

物件数が多い屋内、屋外トランクルーム(全国エリア)
⇒ハローストレージの評判|全国物件数1位のトランクルーム

 

初期費用無料の宅配型トランクルーム(全国エリア)
⇒サマリーポケットの評判 取り出し料金からデメリット・メリット

 

配送料無料の宅配型トランクルーム
⇒エアトランクは高評判 配送料無料の宅配型トランクルーム

 

参考サイト

レンタル収納スペース推進協議会 https://www.rentalspace.org/

日本レンタルボックス協会 https://www.rentalbox.org/

一般社団法人 日本倉庫協会 https://www.nissokyo.or.jp/index.php

-トランクルーム
-, , , ,

© 2021 サブスクル