家サブスク

ホステルライフの評判 他拠点生活ができる定額住み放題のデメリットから料金まで

ホステルファイルのトップ画像

ポイント

  • 日本全国の拠点で多拠点生活
  • 最安月額料金1.65万円(税込)で泊まり放題
  • 部屋の掃除はスタッフの方がやってくれる

ホステルライフは全国のホステルに泊まり放題の家サブスク。
長期利用で最安1.65万円(税込)から住み放題できます。

家具家電もついて、掃除も不要なので多拠点生活に最適です。

短期の1ヶ月から利用でき、おためし宿泊も可能。
1泊だけじゃなく、2泊~3泊できます。

部屋は料金の安いドミトリー(相部屋)。
プライベートがある個室もあります。

プランが色々あるので平日仕事のための宿泊や全国ホステル暮らしも。

ここではホステルライフの評判やデメリット、料金プランまでお伝えします。
とにかく安く泊まり放題の方におすすめです。

Hostel Lifeの公式サイト

 

ホステルライフとは? 日本全国ホステル泊まり放題サブスク

初期費用無料
水道光熱費無料
月額料金1.65万~
プラン2種類
家具家電wifi
最短利用期間1ヶ月
お試し宿泊(1泊~)
物件種類ドミトリー
個室
住民票〇(1拠点のみ)
拠点数全国40件
(2021年6月)

ホステルライフの物件はドミトリー中心。
相部屋になるので利用料金がやすいです。
料金が安いので海外からの利用者も多い。

ドミトリーの大きなメリットは安さだけじゃなく人との交流です。
リビングやキッチンは共用スペースになるので新しい出会いがあります。

ただ個室もあるのでプライベートを気にする方でも問題ありません。

全国の物件にはそれぞれの拠点ごとに特徴があります。
日本全国まわってみるのもおもしろそうですね。

 

ホステルライフの評判 全国の拠点それぞれに特徴あり

ホステルライフは全国の拠点に泊まり放題。
月額税込1.65万円なら会社のある都心に平日利用で満員電車や早朝通勤から解放されます。

そこで気になるのが利用者の評判です。
ドミトリー(相部屋)がメインなのではじめての利用なら特に気になります。

インスタやツイッターからメディアまでお伝えします。

インスタやツイッターの投稿

ホステル、ゲストハウスでの醍醐味といえば出会い。
長期で住む人や観光の短期でもみんなでわいわいできるのがいいですね。

 

秩父にある拠点です。
こんな大自然にも泊まり放題。

あそびでも仕事でも思いっきりできる環境です。

ホステルライフの拠点になるLittle Japan。
スタッフの方が明るく素敵だと過ごしやすいし利用したくなりますよね。

1Fにはカフェとバーがあるので宿泊しなくてもOK。
雰囲気だけでも味わえます。

浅草橋にありますが、ちょっといけば秋葉原や神田、上野にも行きやすいです。
住民票をおけるので東京での拠点にもできますね。

 

メディアでも紹介

Hostel Lifeはメディアでも紹介されています。
日テレやNEWS PICKSなど。

2020年8月時点では19施設だった拠点も現在では40を超えています。

全国泊まり放題・住み放題のホステルパスが新プラン:PRTIMES

 

メリットまとめ

  • 平日の利用なら安く職場通勤
  • 全国で多拠点生活できる
  • 集中して仕事や勉強ができる

 

デメリットや注意点

  • 人気拠点は予約がとりにくい
  • 他社と比べると拠点数がすくない
  • 基本的にドミトリー(相部屋中心)

 

ホステルライフをおすすめできる方

  • 平日は会社の近くに宿泊して楽に通勤したい
  • 月に数泊旅行したい
  • 色んな人と出会いたい

 

ホステルライフの部屋や拠点

 

ホステルライフの料金とプラン

ホステルライフはまず大きなプランが2つあります。

  • ホステル暮らしパス
  • 2拠点パス

この2つのプランの中でさらに細かく分けられます。
ちょっとわかりずらいかもしれません。

 

2拠点パス 1つの施設に泊まり放題

2拠点パスの中でも2つのプランがあります。

  • 日~木曜日プラン
  • 全ての曜日プラン
日~木曜日プラン全ての曜日プラン
月額料金(税込)1.65万円~3.3万円2.75万円~5.5万円
1ヶ月契約
(税込)
3.3万円
1ヶ月延長2.2万円(6ヶ月まで)
1ヶ月延長1.65万円(7か月目~)
5.5万円
1ヶ月延長3.3万円(6ヶ月まで)
1ヶ月延長2.75万円(7か月目~)
2ヶ月契約
(税込)
4.4万円
1ヶ月延長2.2万円(6ヶ月まで)
1ヶ月延長1.65万円(7か月目~)
6.6万円
1ヶ月延長3.3万円(6ヶ月まで)
1ヶ月延長2.75万円(7か月目~)
12ヶ月契約
(税込)
19.8万円33万円
利用可能拠点1拠点
他は5泊/月
1拠点
他は5泊/月
予約上限日数2泊まで2泊まで
利用制限日金曜、土曜、連休中日、
年末年始は宿泊不可
無し

2拠点パスは1拠点のみ泊まり放題です。
他の拠点には月に5泊まで宿泊可能。

2ヶ月まとめて契約すると安くなります。

注意したいのは1度にできる予約日数です。
2泊までしか予約ができないので確実に連泊できません。

2泊予約して、1日目のチェックインをすると次の予約ができるようになります。
次の日が空いていればいいですがすでに予約があると連泊できません。

1週間とか10日とか確実に連泊したいときはホステル暮らしパスを利用します。

 

ホステル暮らしプラン 住民票がおけて確実に連泊できる

ホステル暮らしプランはこちらの2つにさらに分かれます。

  • ドミトリープラン
  • 個室プラン
ドミトリー個室
月額料金(税込)4.5万円7.5万円
12ヶ月契約
(税込)
19.8万円33万円
利用可能拠点全て全て
予約上限日数30泊まで30泊まで
住民票×

1度の宿泊予約が30泊なので連泊できます。

ホステルパスの延長は1ヶ月単位。
2拠点パスのような割安の2ヶ月まとめ契約はありません。

住民票は個室プランのみ置くことができます。

全ての拠点を利用できるので日本を旅行したい方や他拠点生活におすすめ。

 

おためし宿泊 ドミトリー初体験はここから

ドミトリー(相部屋)はプライベートがほとんどありません。
1つの部屋にベッドが多数あるので他の方と相部屋です。
各ベッドカーテンがついてるくらい。

まずはドミトリーをおためしで体験してみるといいですね。

ドミトリー(税込)個室(税込)
1泊1,980円3,300円
2-6泊1,650円2,750円
7泊11,000円16,500円
1ヶ月以上75,000円
利用施設Little Japan

おためしの支払いは現金ばらいです。

 

利用方法と解約、退会方法

  1. 公式サイトのお申込み(個人)ボタン
  2. お問い合わせフォームを入力
  3. オンライン説明会、面談に参加
  4. 利用開始

ホステルライフはこちらから

 

ホステルライフの運営会社

会社名株式会社LITTLE JAPAN
住所〒111-0053
東京都台東区浅草橋3-10-8
代表柚木理雄
電話03-5825-4076
メールinfo@littlejapan.jp

Hostel Lifeは個人利用だけじゃなく、法人での利用もできます。

元官僚が挑む定額泊まり放題ビジネス:BUSINESS INSIDER

 

まとめ

Hostel Lifeは拠点数はまだ少ないものの全国にあります。
北海道や沖縄だけじゃなく、離島の屋久島や隠岐の島まで。

プランは使い方によって細かくわけられています。
自宅と平日だけ拠点に泊まる最安プラン。
拠点に暮らすプラン。
おためし宿泊もできるので初めてのドミトリーはここから体験してもいいですね。

全国の拠点も増え続けています。
さらに増えて自由度が増すと使いやすく予約も取りやすくなると思います。

https://hostellife.jp

-家サブスク
-,

© 2021 サブスクル